22世紀やま・もり再生ネット
やまもり再生ネット ご支援ご入会 助成先 Q&A 資料室 リンク

日本の森林の現状
人工林の現状
日本の森林蓄積量の推移
日本の世界の森林への依存
森林を取巻く環境変化
日本の森林の現在
森林のサービス価値試算
間伐前と実施後の状況
森林に対する国民の期待
森林の炭素固定の役割
森づくりは全員で
   
企業連携

間伐は概ね10年に1回程度必要です。間伐をすることで林床に光が射し込み、植物相構成が豊かになり、森林の潜在的効用が発揮されます。具体的には、
  • 土壌による降雨吸収(水源涵養)が多くなり、渇水防止、水質保全につながる
  • 下層植生の繁茂で土砂流出や山地崩壊などの災害が少なくなる
  • 野生動植物の種の多様性と生息数が増加する
  • 林内の光と豊かな土壌養分による活発な光合成で炭酸ガス吸収が促進される
  • 樹木の生育が旺盛になり、再生可能な循環資源である林産物生産量が増加する
図8 間伐遅れ(左)と管理の行き届いた林(右)

ホーム | お問い合わせ | サイトマップ
フッタ